ネイルアート初心者でも出来る!可愛いネイルアートの作り方

アイキャッチ画像ネイルを始めたばっかりの皆様、ネイルは順調ですか?もっといろんなアートやデザインをしてみたくなったりしていませんか?

最初は一色塗りのネイルが主になりますが、段々慣れてくるとネイルアートもやってみたくなりますよね!
絵を描いたり、キラキラにしてみたり、ストーンを置いてみたり・・・
ネイルアートと一言に言っても何種類もあって、すごく奥が深いんです。
でも初心者さんは、まず簡単なところからはじめましょう。

初心者さんでも、もちろん不器用さんでも出来るネイルアートもたくさんあるんです。
ネイルの世界に足を踏み入れたばっかりのあなたにネイルアートのあれこれ、教えます!

1.ネイルアートとは?そのデザイン種類と全貌

ネイルアートにも種類が色々あるので、どんなアートがあるのかをまず知りましょう。
4つに分けて紹介します♪

1-1.フラットアート

フラットアート

フラットアートは、平面的なアートです。フレンチやマーブル、ペイントアートなどが含まれます。
ツルンとした仕上がりで、ひっかかりがありません。

1-2.グリッターやラメホロでキラキラアート

ラメホロアート

グリッター(=ラメ)や、ホログラムを使ったアートです。
ラメには粒子の細かいもの、粗いもの、それらが混ざったものなど色んな種類があり、ホログラムにも1mm・2mm・3mmと大きさに違いがあります。
ジェルでしっかり埋め込めば、凹凸のないフラットな仕上がりになります。

1-3.ストーンやスタッズのパーツでアート

ストーンアート
アクリルストーンやパール、ターコイズ、スワロフスキーなどといったストーンを使ったアートや、ビジューのような大きいパーツを使ったアートは、1つ置くだけでも輝きと存在感が抜群!
仕上がりは凹凸があるので、フラットなアートよりは取れやすいという特徴もありますので、ストーンやパーツを使ったアートをする時は、コーティングをしっかりすることが大事です。

1-4.上級向けの3Dアート

3Dアート
3Dアートは、立体的なアートです。ぷっくりとしたアートなので、存在感があります。
でも、ストーンのようにキラキラとした感じはないので、可愛い仕上がりになります。
この3Dアートには作り方は2通りあります。1つは、アクリルパウダーとリキッドというものを使って作るもので、もう1つは、3Dジェルを使って作るもの。
3Dアートは技術が必要なので、初心者さんには難易度が高いアートと言えます。

 

2.初心者さんがまず集めるべきネイルアートの道具

ネイルを始めようと思っても、最初に何を用意すればいいのか分からないですよね。
これを用意すればすぐに始められるというアイテムを紹介します。

2-1.まずはお手軽なジェルネイルキット

一番お手軽なのが、ケア用品からジェルやライト、そしてアート用品などといったジェルをする上ですべてが最初からセットになって売られている“ジェルネイルキット”を買うことです。
今は色んなショップで様々なキットが販売されています。
どのキットを買えばいいのか迷っている方のために、人気のあるジェルネイルキットを幾つか挙げてみましたよ♪

NTネイルキット

 

LED6wライトやカラージェル5色、また可愛いバニティーバックなどがついたスターターセット。
初心者さんに嬉しいマニュアルDVD付きで、ネイルの仕方も詳しく教えてくれます。

 

参照:Natural Trend

PPネイルキット

 

ハート型の可愛いLED5wライト、カラージェル5色、ジェル用ブラシ5本、ガラスストーンなどがセットになったキット。
大容量でお値段もお安く、初心者さんでも気軽にネイルを始めやすいです。

 

参照:プチプラ

ネイルタウンキット

 

LED3wライトやカラージェル4色、トップコートなどがセットになったキット。
質を追求し、96色というバリエーションの中からカラーを選べたり、ストーンやグリッターにもこだわった内容です。

 

参照:Nail TownNSネイルキット

 

LED6wライトとカラージェル3つ、ネイリストバックなどがセットになったキット。
初心者さんにも安心の、14日間なら返品保証がついています。

 

参照:ネイルサプライ

NYネイルキット

 

LED4wライト、ホロやグリッター、パーツなどがついたスターターセット。
国内生産の硬化が早いジェルがセットになっていて、施術時間を短縮できます。

 

参照:Nailyasan~ネイル&キラキラ小物

2-2.ネイルアートには欠かせない!基本のアートアイテム

中にはジェルやライトは持っているから、アートアイテムだけを買い揃えたいという人もいますよね。
ネイルアートをする上で使えるアイテムってどんなものがあるんでしょう?持っておくといい基本のアイテムをご紹介♪

ラメラメ(グリッター)

細かい粒子がキラキラと輝くラメは、キラキラネイルがしたい人に欠かせないアイテム。
グラデーションや細いラインを描いたりできます。
フレンチやカラーグラデーションを失敗したときのごまかしにも使えます♪
ホロ

 

 

ホログラム

ラメよりも1つ1つがはっきりと主張するホログラムは、ドット柄にもってこい☆
形もラウンド・スクエア・スター・ハートなどと色々あります。
自分で描こうとしても上手く描けない・・・という時には、のせるだけで簡単なホロを使えばアッという間に完成!
ストーン

 

ストーン

1粒置くだけでも上品な輝きを放つストーン。
たくさん置けばゴージャスなネイルにも!
ラメ同様、キラキラしたネイルが好きな人にはおススメのアートアイテムです♪

シール

 

 

 

ネイルシール

貼るだけ簡単♪
種類もたくさんあり、凝ったデザインもシールで簡単に作れちゃいます☆
ぷっくりとしていて、まるで3Dアートのように仕上がるシールもあります。

ドットペン

 

 

ドットペン

ドット柄を描くためのペンです。
先が丸くなっているので、きれいな丸が簡単に描けます。
ペン先の大きさも色々あるので、大きいドットを描きたい時用などと使い分けるといいですよ☆

アートブラシ

 

 

アート筆

細かいラインやアートを自分で書くときには、このアート筆が欠かせません。
細さや筆先の長さも種類が様々。
使いやすいアート筆を見つけることも、ネイルアートを上達させる上で大事なポイントです☆

 

 

2-3.100均一でも手に入る!使えるアートグッズ

最近では100円均一ショップでも、ネイルのコーナーは充実していますよね。
100円と言っても侮れません。使えるグッズがたくさんあるんですよ♪
ストーンやシール、ラメ、なんと3D用のパウダーやリキッドを売っているお店も!
ケア用品からアートグッズまで、安価で手に入れることができるので、一度お店に見に行く価値ありです☆
100均一シール

 

3.初心者が挑戦しやすいオススメネイルアート

ここからは実際にアートのやり方を見ていきましょう☆
初心者さんが試してみやすい4つのアートを紹介します。

3-1.フラットアートでハート

アート筆を使ってハートを描きましょう。
ポイントは、左右対称になるように描くことです。

ハートhowto①ハートhowto②ハートhowto③ハートhowto④
ハートhowto⑤ハートhowto完成

3-2.フラットアートで小花柄

ドットペンを使って小花を描きましょう。
花びら1つ1つがくっついてしまわないように注意してくださいね☆

小花howto①小花howto②小花howto③小花howto④小花howto⑤小花howto⑥
小花howto完成

3-3.グリッターやラメでキラキラに

2色のラメを使ってキラキラグラデーションを作りましょう。
ラメはコーティングをしっかりしてくださいね!

ラメhowto①ラメhowto②
ラメhowto③ラメhowto④
ラメhowto⑤ラメhowto完成

3-4.ストーンやブリオンで華やかに

最後はストーンアートです。
ストーンはしっかりコーティングしないと取れてしまうので要注意!

ストーンhowto①ストーンhowto②ストーンhowto③ストーンhowto④ストーンhowto⑤ストーンhowto完成

 

4.身近なアイテムで簡単ネイルアート!

ネイルのアートをしてみたいけど、専用の道具がないと出来ないのかな?
いいえ、そんなことはないですよ☆身近にあるアイテムを使って代用が可能です!
例えば、爪楊枝を使ってドットペンの代わりにするとか、スポンジを使って簡単にグラデーションをするなど・・・。
身近にあるものでも十分可愛いネイルが出来ますよ♪
⇒詳細はこちらをご覧くださいね☆「簡単なのにすごく可愛い!ネイルアートのやり方」 

5.ネイルアート初心者にオススメなネイルの教科書

道具は揃えても、やはりネイルの基本的なやり方が分からないと出来ないですよね。
でも大丈夫☆初心者さんにも分かりやすいhowto本もたくさんあるんですよ♪

5-1.基礎ならやっぱり教則本

基礎からしっかり学びたい人には、ネイルの教則本がおすすめ。

ネイリスト検定も視野に入れて勉強したい人に
JNAオフィシャルテキスト

JNAオフィシャルテキスト
『JNA テクニカルシステム ベーシック』改訂版

爪の構造や病気、またネイル用語やセッティングの仕方など、しっておくべき知識が学べる、日本ネイリスト協会発刊のテキスト。

 

 

 

JNAジェルネイルテキストJNAオフィシャルテキスト
『JNA テクニカルシステム~ジェルネイル~』

ジェルネイルをするために必要な知識や技術、またジェルネイル検定対策にも対応した、日本ネイリスト協会発刊のテキスト。

 

 

参照:JNA日本ネイリスト協会

お家でセルフネイルを楽しみたい人には

DVD付小笠原先生本

『よくわかるDVD付き 自分でジェルネイル』

ジェルネイルの基本や用語の説明が分かりやすくされているDVD付の本。

 
おうちでできるセルフジェルネイル『おウチdeできるセルフジェルネイル』(DVD)

これは本ではなくDVDですが、初心者さん向けに作られているのでとても分かりやすいです。

 
ジェルネイルバイブル『ジェルネイル・バイブルⅡ~ソークオフジェル編~』

基本のデザインから応用まで、オールカラーの写真付きで解説されています。
カルジェルなど、ジェルメーカー11社の使い方まで網羅されています。

 

 

 


人気ネイリストさん著作の本

黒崎えり子ネイルbook『黒崎えり子の大人かわいい ジェルネイルBOOK』

トップネイリスト黒崎えり子さん初のジェルネイル本。
初めにそろえるべき道具、初心者でもできるネイルアートから、応用編、そしてプロのワザまでできるようになる丁寧な説明の1冊。
松田陽子ロマンティックネイル『松田陽子のロマンティックネイル』

神ワザと言われる3Dアートやフラットアート、デコ電(携帯デコレーション)、ネイルとおそろいのアクセサリーまで、
女の子あこがれのキラキラ☆アートがいっぱい。

 

 

 

 

高野先生本『DVDつき 高野尚子のジェルネイルセオリー』

誌面ではどうしてもわかりにくいテクニックを、映像でも丁寧に説明。
プロのネイリストを目指す人はもちろん、初心者でもわかるように下準備のプリパレーションやベースジェルの塗 り方、オフの仕方から解説しています。

 

 

 

5-2.問題がハッキリしているならWEBで検索

「このやり方が分からない!」など、問題点や知りたいことがはっきりしている場合は、インターネットで検索すると素早く解決できちゃいます。
例えば、ドットのネイルが分からない場合、『ネイル ドット 描き方』と検索すれば、

web検索
このように、ドットの描き方を勉強できるサイトがたくさん見つけられます。
中にはドットネイルのやり方を動画で見れちゃうものも♪
今すぐ知りたいっていう時にはWEBで検索してみてくださいね。

5-3.トレンドをとりいれるなら雑誌がオススメ

ネイルの流行りや新しいアイテムや人気デザインを紹介しているのがネイル雑誌。
中でも、『NAIL VENUS』(ネイルヴィーナス)・『NAIL MAX』(ネイルマックス)・『NAIL UP!』(ネイルアップ)といった雑誌が人気です。
ネイルの最新トレンドが取り入れたい人に参考になりますよ☆

雑誌

 

まとめ

いかがでしたか?
今はセルフネイルをする人が多くなっているので、初心者さんにも試してみやすいキットや本もたくさんあります。
ネイルは細かい作業になるので、初めのうちは難しいと感じることもありますが、諦めずにチャレンジして、色んなネイルを楽しんでくださいね♪


Speak Your Mind

*