男性ウケ抜群!超絶フレンチネイル完全マスターガイド

フレンチやり方どんなシーンにおいても今も昔も変わらず人気のフレンチネイル。”フレンチネイルが出来たら1人前”と言われているほど難しいデザインです。
でも、流行に左右されないデザインだからこそ自分で出来るようになったら嬉しいと思いませんか?

シンプルなフレンチネイルは シンプルだからこそごまかしがききません。
でもやり方のポイントさえわかっていれば理想のフレンチネイルはセルフネイルでも作れちゃうんです。
不器用な私も今では一人でフレンチネイルを仕上げられるようになりました。実はフレンチネイルのやり方って1個だけじゃないんです。自分に合ったやり方を見つける事ができれば後はこっちのもの!
あなたのやり方であなたのフレンチネイルを攻略しちゃいましょう!

1. フレンチネイルに必要な3つのアイテム

キレイなフレンチネイルに仕上げるためにこれらを準備しましょう!

1. *ベースになるクリアジェル
2. *フレンチ部分に塗る好きなカラー(ここでは白を使います)
3. *フレンチ用の斜めにカットされた筆

実はこの筆がきれいなフレンチネイルのための最重要アイテムなんです!
フレンチブラシやスランテッドという名前で売られているこのジェルブラシ。
角度が鋭利なものは深めのフレンチラインを、なだらかな物は浅いフレンチラインを作るのに適しています。

フレンチ角度

自分の好きなフレンチネイルの角度からピッタリのブラシを選びましょう!

 

2. 簡単4Step!基本のフレンチネイルのやり方

難しそうに見えるフレンチネイルですが、ブラシとブラシを使うコツさえ覚えれば簡単4ステップで描けちゃいます。
慣れてくれば1本あたり5分もかからず完成させることが出来ますよ!
では早速みていきましょう!

2-1. ベースカラーを塗る

ベースになるクリアジェルを塗り、硬化します。

フレンチやり方1

2-2. 右側から塗る

筆に白のジェルをとりフレンチ筆の角度を利用して右サイドからまるくラインを形どり
そのまま爪先に向かって引っ張るように色をのせていきます。

フレンチやり方2

2-3. 左側から塗る

反対側のラインを撮るときは筆をひっくりかえして同じように左サイドからラインをとります。
こちらも同様に爪先にむかって引っ張ります。

フレンチやり方3

2-4. 全体を馴染ませる

自然なカーブになるよう上から何度かなぞって馴染ませます

french_howto4

 

必要であれば同じ手順で2度塗りして硬化させましょう
この4ステップで、左右同じ曲線のきれいなフレンチの出来上がりです!

3. 他にもある!美しいフレンチネイルの作り方

ここでは「バックワイプ」という新しいフレンチネイルのやり方をお伝えします。
では「バックワイプ」とは何か?
これはライトにいれるまでは固まらないジェルを性質を最大限に利用した方法で、
ざっくりと塗ったフレンチネイルのはみ出したところだけをキレイに拭き取るというやり方です。
先程は初めからキレイにラインを取りましたが、こちらはざっくり塗ってから修正をかけていくので不器用さん、また1回で仕上げられる自信がない初心者さんにオススメ。
仕上がりは先程お伝えした基本の塗り方と同じくらいしっかりキレイに仕上がりますよ。

3-1. 大体でOK!ざっくり塗る

キレイに塗ろうと思わなくてもOK。まずはフレンチラインをざっくりと塗ります。

フレンチバックワイプ1

3-2. キレイな筆で拭き取る

次に、はみ出したジェルをキレイな筆の角で拭き取っていきます。
折角のラインが汚くなってしまうのでキレイな筆を使いましょう。
汚れた筆は毎回キッチンペーパーなどでキレイにしてから拭き取る癖をつけて。

フレンチバックワイプ2

キレイにふきとれたら硬化して完成です!

 

4. さらに簡単にキレイなフレンチに仕上げる小技

さぁ、どちらの方法が上手く出来そうですか?
”上の方法でもどうしても思い通りのフレンチラインにならない!”
”ラインが左右対称にならない”、”ピンクの部分が短くてかっこ悪い” そんな時はこの技を試してみて。

4-1. 細筆でラインを書いておく

塗る範囲を先に縁取りしておく方法です。
細筆を使ってフレンチラインさえ思い通りに描けたら後は中を塗りつぶすのみ!
細い筆でラインだけに集中してかけるので不器用さんにもおすすめ。フレンチらいん技

4-2. ガイドテープで完璧なカーブに

それでもどうしても無理!そんな時はアイテムに頼りましょう。ガイドテープ
今はフレンチラインのラインを作る専用の「ガイドテープ」が結構いろんなところで売られているんです。
シンプルな浅いカーブのものや深いカーブのもの、またハートの形のラインまで様々な種類のテープが売られているので是非探してみて下さいね。
使い方はこちら。

フレンチガイドテープの使い方
①ベースのクリアジェルを塗って硬化
②好きなラインのところにテープを貼る
③テープから上の部分にカラーを載せる
(1度塗りで仕上げるのでこの時ジェルをたっぷりめにぬっておきましょう)
④ジェルがよれないようにそっとはがして硬化します。たったこれだけ!
このガイドテープを使えば10本全く同じ、キレイなカーブが手に入ります。

4-3. 境目をクッキリ!バーチャルフレンチ

バーチャルフレンチとは、自爪のピンクの部分を伸ばす・・・伸びているように見せるフレンチの事。
今まではクリアベースでのフレンチをご紹介してきましたがバーチャルフレンチではベースに色をつけます。
自爪のピンクの部分が短い、浅めのフレンチネイルにしたいけど爪の白い部分が透けちゃうそんな方にオススメのネイルです。

バーチャルフレンチ

この違い、わかりますか?
自爪のピンクの部分が短い爪に合わせるとフレンチの幅も太くなってしまいますが、
ベースにカラーを塗って境目を目立たなくすることでフレンチを好きな幅で塗る事が出来て伸びても境目が見えてきません。
爪が長く美爪に見えるのでフレンチネイルがとっても格好良く仕上がりますよ!

5. はみだした!?そんな時の対処方

5-1. ウッドスティックをフル活用しよう

ウッドスティックとは・・・ネイルのような細かい作業をする時に欠かせない細い木の棒です。フレンチ対処
皮膚についてしまったジェルは硬化する前にウッドスティックで取り除きましょう。
はみ出したまま硬化すると、そこから剥がれやすくなり、ジェルがすぐ剥がれてしまいます。
また、皮膚についたベトベトは、消毒用エタノールをコットンに含ませて拭くとキレイになります。

 

 

5-2. ジェルはきれいな筆でオフ!

これは3番でご紹介したバックワイプと同じ方法です。フレンチ対処方
「ネイルアートしてたけどジェルがはみ出した」「フレンチのラインがゆがんでしまった!」
そんな時は硬化する前にはみだした部分のジェルだけをキレイな筆で拭き取りましょう。
その際に少しだけクリアジェルをつけておくと滑りが良く修正しやすいですよ。

 

 

6. ごまかしにはコレ!フレンチネイルがよりステキにみえるアート

6-1. ホログラムでキラキラフレンチネイル

フレンチラインにさりげなく置いたホログラムはネイル全体を明るく可愛らしい印象に仕上げます。

フレンチラメホロ

6-2. がたがたラインはグリッターで隠す!

こちらはシンプルな大人アート。このラインアートならフレンチのラインをいかしたままごまかせます。
フレンチネイルを引き立てるゴールドやシルバーのグリッターラインがおすすめ。

フレンチライン

6-3. ストーンで大人のフレンチネイル

少々派手めのネイルになってもOKならこの方法がおすすめ!
キラキラと輝くストーンは清楚なフレンチネイルにピッタリです!またグリッターラインとの合わせ技もオススメ。

フレンチストーン

まとめ

フレンチネイルマスターガイド、いかがでしたか?
フレンチネイルひとつでもこんなにたくさんのやり方があります。
是非自分に合ったやり方を見つけてフレンチネイルライフを楽しんで下さいね!


Speak Your Mind

*